×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


芦辺 拓『名探偵Z 不可能推理』
1) 角川春樹事務所 / 新書判(ハルキノベルス所収) / 2002年4月8日付初版 / 本体価格895円 / 2002年04月03日読了

ハルキノベルス版 一部の読者から「芦辺拓裏の最高傑作」と異常に評価されていた、ある意味地上最強の名探偵・和製ルーフォック・オルメス、名探偵Zこと乙名探偵(おとな・とるただ)の事件簿、遂に単行本化成る!
 特殊な構成のため、今回に限り粗筋/感想と別立てにせず、一話ごとにおーざっぱな内容と所感とを羅列することとする。普段と感想のノリが違うが、その辺は作品のハイテンションぶりが悪い形で伝染したのだと寛容に捉えていただきたい。悪気はないんです。

第一話……一番風呂殺人事件
[浴槽にて素晴らしい探偵を着想した探偵作家の恐るべき死因とは?]

 名探偵Z初登場、にしてよく見ると唯一の敗北だったらしい。いきなりこういう登場をしてしまったから怖いものがなくなるわけで。
第二話……呪いの北枕
[密室と化した洞窟で、教授は如何にして殺されたか?]

 顛末は兎も角、言葉の絡繰りは実は素晴らしい着眼である。こういう風にしかも本気で使われると結構くるものがあるが。
第三話……26人消失す
[女子大生ひとりを残し、アパートの住人は悉く消息を絶った……]

 流石に読めました。読めましたが、それでも出来事の現実を思い描くとかなり怖い。こと、この話が終わってから暫くの状態を想像すると本気で怖気が走る。
第四話……ご当地の殺人
[観光地での殺人に隠された、空前にして絶後の動機!]

 一言でいうとあーいうことなのだがその一言で勘のいい方は察してしまう恐れがあるため書くことが出来ない。ジレンマである。しかし、こんなに大規模なやり方はやはり前例を見ないしたぶん今後もあり得まい。
第五話……おしゃべりな指
[殺害された有名女優が指先で残したダイイング・メッセージの真意は?]

 何が起きても不思議でないのが名探偵Zのシリーズだが流石にこれはどーかと思う。メッセージにならないじゃんこれじゃ。
第六話……左右田氏の悲劇
[左右田氏を襲った、姿なき悪意の正体とは?]

 数行でオチまで見通してしまった自分もちょっとやばいんでないか、と思った一篇。なお、ここで語られている現象、説明は無茶苦茶だが実際に症例が確認されているものでもある。病名が上がっていないあたり、そこまでは意識していなかったのかもと思うが、個人的にあまり笑えなかった――Z特有の顛末は素晴らしいのだけど。
第七話……怪物質オバハニウム
[Q市を壊滅目前にまで追い詰めた、諸宇博士の狂気の研究]

 題名で察しがつくと言えばそうなのだがここまでやってしまうところが痛快。私もそれには嫌悪感を抱く口だが作者の筆には憎悪の迫力すら感じるのであった。
第八話……殺意は鉄路を駆ける
[こともないプラットホームに降り立った男の犯罪とは?]

 アンチアリバイミステリの傑作……か? こういう展開こそまさに名探偵Zの真骨頂という気もする。
第九話……天の邪鬼な墜落
[偏屈で知られる男のあまりに滑稽な死にざま]

 漫画や古典的アニメではよく見るが普通途中で落ちるよね。ラストの一言はこの単行本の中でも秀でて印象深い。
第十話……カムバック女優失踪
[芸能界復帰を望む女は、どのようにして密室から消えたのか?]

 とっても哀しい話だと思うのは私だけだろうかいやそんなことはないはずだたぶん。
第十一話……鰓井教授の情熱
[無人のガード下、鰓井教授の子弟を亡き者とした凶手とは?]

 この結末、よーく考えるともっと大変なことになったと思うのだが些末な問題である。
第十二話……史上最凶の暗号
[調査団を壊滅させたのは、未知の怪物であった……?]

 人間健康第一ですね、という話。違うのか違わないのか。
第十三話……少女怪盗Ψ登場
[芸能人夫婦の元に寄せられた、「猫を返せ」というメッセージの意味は? ――そして、名探偵Z最大のライバル遂に登場す!]

 名探偵Zだけでもたいがい最凶なのに更に少女怪盗(少女よ少女そこのあなた)まで登場してしまっては洒落にならない。と同時に、シュレーディンガーの猫に取材したミステリの中で最も特異な位置を占める一篇であろう。ちなみに“Pussy”という語は「仔猫ちゃん」を意味すると共に「女性器」「性交相手としての女性」を現します関係ないけど……あの、本当に関係ないんでしょうか、とふと不安になる一瞬。
第十四話……メタX2な白昼夢
[売れない探偵作家のサイン会が、俄に百鬼夜行の舞台と化した……?!]

 大丈夫私達がついてるわ(?)。……いまいち真意の掴めない冗談はさておき、鞄の中に限界まで荷物を詰め込んでいたらとうとうブラックホールが出来てしまった、というSFもどきのネタを彷彿とするエピソードである。
第十五話……ごく個人的な動機
[Q市全域に被害を齎した停電と、皮膚の裏返った屍体の謎]

 悪いことは言わないからそんなものを狙うのは止めなさい。いつの世も停電の理由となるのは同じということだ。
第十六話……人にして獣なるものの殺戮
[各地で発見されたバラバラ死体――犯人は誰か、そして犠牲者の繋がりは?]

 収録作中最も私の想像を絶した一本。Q市に存在しないものはないのだなきっと。
第十七話……黄金宮殿の大密室
[訪れた者が悉く消息を絶つ宮殿、そこに隠された財宝の思わぬ顛末]

 芦辺作品を概観する上で特異な地位を占めるもうひとりの探偵もゲスト出演した、文字通り贅沢なエピソード。エネルギー総量が明らかに非常識なレベルに達しているが深く考えてはいけない。
第十八話……とても社会派な犯罪
[日本を戦禍に導いた、探偵たちの功罪]

 荒唐無稽だがその実本作品集で最もさもありなん、と頷ける動機を示している、というこれまた微妙な一作。その通り、探偵がある限りQ市――本格推理の桃源郷が滅びることはない、のだろう、きっと。幸か不幸か知らんけど。

 特異な設定に精緻なロジックと絡繰りとを持ち込み大胆な本格ミステリを想像することにかけて当代一と言ってもいい(同じ表現を西澤保彦氏に対しても行えるが、微妙に意味合いが異なることをご理解いただきたい)芦辺拓だが、このシリーズはそこから「精緻なロジック」などの裏付けを確信犯的に取り除いてしまったものである。
 あまりに考え抜かれたロジック、現実に立脚した解決は、時としてミステリの美しい「謎」を地に貶め、凡庸な物語の一要素に変えてしまう一面がある。それこそが論理を旨とするミステリにとって最大の悩みのひとつと言えるだろうが、このシリーズは解決までも誇大妄想気味のギミックに置き換えてしまうことで、謎の魅力を損なうどころか余計に破天荒なものとし忘れがたいインパクトを付与することに成功した――その結果実に沢山のものが犠牲になったとも言えるが、気にしてはいけない。アルコール度75%の美酒に黙って酔いしれよ――ただの悪酔いかも知れないけど。

(2002/04/032002/04/04若干加筆2002/09/17移動)

他の芦辺拓単行本レビュー

単独名義
『殺人喜劇の13人』 / 『保瀬警部最大の冒険』 / 『殺人喜劇のモダン・シティ』 / 『歴史街道殺人事件』 / 『時の誘拐』 / 『明清疾風録』 / 『地底獣国の殺人』 / 『探偵宣言』 / 『死体の冷めないうちに』 / 『十三番目の陪審員』 / 『不思議の国のアリバイ』 / 『名探偵博覧会 真説ルパン対ホームズ』 / 『怪人対名探偵』 / 『和時計の館の殺人』 / 『時の密室』 / 『赤死病の館の殺人』 / 『グラン・ギニョール城』 / 『名探偵Z 不可能推理』 / 『メトロポリスに死の罠を』

芦辺 拓全単行本リスト

芦辺倶楽部(芦辺 拓ファンによるページ)へ移動する